ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 各課 > 企画課 > 世羅町ソーシャルメディア運用方針

本文

世羅町ソーシャルメディア運用方針

更新日:2021年7月1日更新 印刷ページ表示

 インターネット上で利用されているLINE、Facebook、Instagram、Twitterなどのソーシャルメディアは、近年利用者が増加し、社会的に大きな影響力を持つようになってきました。世羅町においても、町政情報の発信手段として、また町民との情報共有手段として、ソーシャルメディアを有効に活用していくことが重要です。また、一方ではソーシャルメディアの安易な利用により不適切な情報が拡散したり、他者のなりすましが発生するなど、町民の皆様に多大な悪影響を及ぼすことも考えられるため利用にあたってはリスクや特性を理解し、慎重に行う必要があります。 
 このことから、世羅町がソーシャルメディアを利用するにあたり、留意すべき基本事項を定め、安全かつ効果的に活用していくため、この利用方針を策定します。

1 ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、インターネット上のサービスを利用して、不特定多数の参加者が双方向で情報のやりとりを行うことができる情報伝達手段をいいます。

2 ソーシャルメディアの取得

(1)ソーシャルメディアの取得に当たっては、公共機関にふさわしいデザインや機能を有するものを選択します。

(2)ソーシャルメディア取得にあたり、公式アカウントであることを証明するため、次の設定を行います。

 1.自己アカウントページ内に、世羅町が公式に運用している旨の説明を記載します。

 2.世羅町ホームページにおいてソーシャルメディア利用公式アカウント一覧を公表します。

 3.公式ホームページとの相互リンクを設定します。

 4.取得したアカウントへのログインパスワードの設定については、推測されやすいものを避け、第三者へ知られることがないように厳重に管理するものとします。

3 要領の策定

ソーシャルメディアの運用に当たっては運用要領を定めるものとし、内容は次に掲げる事項とします。

(1)運用するソーシャルメディアの種類

(2)アカウント名、URL及びアカウント管理担当課名

(3)ソーシャルメディアの運用方法

(4)ソーシャルメディアによる情報発信の内容

(5)個人情報に関する取扱い

(6)免責事項

(7)その他必要と思われる事項

4 情報発信上の留意事項

情報を発信する場合は、次のことを留意のうえ適正に行います。

(1)著作権情報や個人情報が含まれていないか。

(2)差別的な表現や公序良俗に反する表現はしていないか。

(3)他者の権利を侵害していないか。

(4)職員としての守秘義務に違反していないか。

(5)曖昧な表現により、誤解を招く危険性はないか。

5 トラブル発生時の対応

アカウント管理者はトラブルが発生した場合は次のとおり対応します。

(1)不適切な情報を公開した場合は、至急情報の削除処理を行う。また、対応に時間を要する場合や、情報が拡散する危険性がある場合は、是正情報を即時公開するなど、問題解決に向けて適切な処理を行います。

(2)本町のアカウントを他者が乗っ取って利用していることを発見した場合は、至急不要な発言の削除を行います。また、ソーシャルメディア管理者へ通報し、必要であれば、早急に利用停止やアカウント廃止等の依頼を行います。

(3)本町アカウントのなりすましが発生していることを発見した場合は、至急当該ソーシャルメディアの運営者に削除依頼を行い、町ホームページ上で周知します。

6 利用状況の把握・検証等

(1)常に利用状況を把握し、有用な情報をタイムリーに発信できるようにします。また、不正な発言を放置していないか、適切な対応を怠っていないかなどを常にアカウントを監視します。

(2)定期的に利用状況の検証を行い、課題等があれば改善を行います。また、ソーシャルメディアや社会環境の変化に併せて、運用方針等の見直し等を行います。

7 運用の停止または終了

ソーシャルメディアの運用が困難である、または当初の目的を達成したと判断した場合は、当該ソーシャルメディアの運用を停止し、または公式アカウントを削除する等により運用を終了します。

8 その他

この方針に定めるもののほか、ソーシャルメディアの運用に関して必要な事項は町長が別に定めることとします。