ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごとの情報 > 産業振興 > 認定新規就農者制度について

本文

認定新規就農者制度について

更新日:2021年1月18日更新 印刷ページ表示

事業実施の背景

 世羅町の基幹産業である農業において、従事者の高齢化・農家労働力の減少、農業後継者の不足という現状があり、農地の遊休化、荒廃化が増加傾向にあります。将来にわたって農業が発展していくためには、担い手となる青年層の新規就農者の確保・定着の推進が急務となります。

事業の概要

 将来において、効率的かつ安定的な農業経営の担い手(認定農業者)に発展するような青年等の就農を促進するため、新たに農業経営を営もうとする青年等の就農計画を認定すること目的とします。
「認定新規就農者制度」とは、農業経営基盤強化促進法に基づき、新たに農業を始める方(農業経営を開始して5年以内)が作成する青年等就農計画を市町村が認定する制度です。認定を受けた方を「認定新規就農者」といい、さまざまな支援策の対象となることができます。

青年等就農計画

 青年等就農計画とは、農業経営開始(農地の取得時期、主要資産の取得時期、本人名義の取引開始)から5年後までの経営目標やその達成のための資金計画及び事業計画などです。営農計画をもとに「青年等就農計画認定申請書(様式第2号)」を作成し、経営形態に合わせた「収支計画様式」と「機械・施設の整備状況」を添付して、産業振興課に提出してください。
青年等就農計画の主な要件は、

  1. 計画が「世羅町農業経営基盤強化の促進に関する基本的な構想」(主たる従事者一人あたり:年間総労働時間2,000時間程度、5年後の所得目標250万円程度)に照らして適切であること
  2. 計画が達成される見込みが確実であることです。
    この計画を立てることで、目標達成に向けてクリアすべき課題を浮き彫りにし、やるべきことを明確にして取組むことができます。

認定新規就農者への支援措置

主な支援策 内容
青年等就農資金
(無利子融資)
【日本政策金融公庫
ホームページ】
<外部リンク>
融資対象:経営開始後5年以内の機械・施設等取得資金及び運転資金
融資限度額:3,700万円(特認限度額1億円)
貸付金利:無利子
償還期間(据置期間):最長17年(うち5年)
農業次世代人材投資資金(経営開始型)
【農林水産省 農業次世代人材
投資資金ホームページ】
<外部リンク> 
概要:次世代を担う農業者となることをめざす者の経営確率を支援するため、人・農地プランに位置付けられ、原則として49歳以下で独立・自営就農する認定新規就農者に対し、町を通じて、年間最大150万円を最長5年間交付。
農地集積  農地中間管理機構が、農地を貸し付けたい方から借受けて、農地の借受けを希望する方へ貸し付ける農地中間管理事業の活用
世羅町単独補助事業
  • 世羅町農林業振興対策事業
  • 世羅農業経営ソリューションパワー創造実践支援事業
    ※補助事業により募集期間の定めあり

青年等就農計画認定申請書の提出

 提出先は、世羅町産業振興課(産業振興係)で、随時受付します。
 また、作成についてもご相談を受けます。

世羅町青年等就農計画認定要領 [PDFファイル/101KB]

申請書類

青年等就農計画認定申請書 (様式第2号) [Wordファイル/40KB]

申請書と一緒に提出する書類

 別紙機械施設関係[Excelファイル/28KB]
 ※経営形態に合わせた様式

※認定後に営農開始したら提出する書類

 農業経営開始届出書 (様式第1号)[Wordファイル/18KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)