ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 「緊急事態措置」の延長に伴う新型コロナ感染拡大防止のための集中的な対策について

本文

「緊急事態措置」の延長に伴う新型コロナ感染拡大防止のための集中的な対策について

更新日:2021年9月13日更新 印刷ページ表示

新型コロナ感染拡大防止の対応

 広島県では、7月31日から「早期集中対策」を開始し、8月20日からは「まん延防止等重点措置」の適用、8月27日からは「緊急事態措置」の実施など、機動的な対策を行うことにより、想定を超える感染の急拡大に歯止めをかけるべく取り組んできました。しかし、感染者の新規報告者数に減少傾向は見られますが、高い水準であり、感染力の強いデルタ株の流行や医療提供体制の状況を踏まえれば、感染状況はステージ4の状態となっています。
 また、9月9日には緊急事態措置を実施すべき期間を延長することが決定されました。こうしたことを踏まえ、ワクチン接種を確実に進めるとともに、感染の再拡大や医療提供体制のひっ迫を回避するため、集中的な感染拡大防止対策に取り組みます。

 集中対策期間:令和3年9月13日~9月30日

町民のみなさまへのお願い

●基本的な感染防止の徹底

・よく食べ・よく眠り・よく運動(体を動かす)など、健康を維持しましょう。また、予防接種や各種健診、必要な通院はしましょう。

・「3つの密」の回避、体調管理、マスクの着用、手洗い、換気など感染対策を実施しましょう。

 

●外出の削減

・日常生活上必要な買い物などを含めて、外出機会と時間を半分にしましょう。特に20時以降の外出はさらに削減しましょう。

※出勤や通学、医療機関への通院、各種健診の受診などは制限されません。

・必要があって外出する場合は、必ずマスクを着用し、可能な限り人との接触を避け、距離を置く(2メートル以上)ことを心がけましょう。

 

●飲食店の利用と感染予防

・同居する家族以外での会食は控えましょう。

・会食を行う場合は、アクリル板等の物理的対策が適切に導入されている「広島積極ガード店」、「新型コロナウイルス感染症対策取組宣言店」を利用しましょう。また、「広島コロナお知らせQR」の利用のほか、飲食店が行う感染予防対策に協力しましょう。

・飲食店などにおいて大声で話したりすることは控えましょう。

・路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクの高い行動は行わないようにしましょう。

 

●他地域への移動の自粛

・県外への移動は、最大限自粛しましょう。

・他の都道府県からの来訪者と面会する機会がある場合は、感染リスクを考慮した行動を行いましょう。

 

●積極的疫学調査への協力

・感染が発生した場合には、保健所が実施する積極的疫学調査に協力しましょう。

 

●誹謗中傷や差別はしないでください

・新型コロナウイルス感染症は、誰でも罹る可能性があります。誤った情報や不確かな情報に惑わされ、人権侵害につながることがないよう冷静に行動してください。

 

広島県ホームページ:https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/<外部リンク>


新型コロナウイルスについて
イベント・施設に関する情報
その他