広島県 世羅町 いつまでも住み続けたい日本一のふるさと
背景色
文字サイズ
小さく標準大きく
検索
現在位置:HOMEの中のくらしガイドの中の税金から償却資産の課税について
更新日: 2018年2月1日

償却資産の課税について

1.償却資産とは

 製造や小売、農業などの事業を個人または会社で営んでいる方が所有し、その事業のために用いることができる構築物や機械、運搬具、器具、備品などの事業用資産をいい、土地や家屋と同様に固定資産税の対象となります。

2.償却資産の種類

 (1)構築物(門、塀、広告塔、舗装路面、屋外配水管など)
 (2)機械及び装置(製造加工機械、土木建設機械など)
 (3)船舶(客船、貨物船、油槽船、タグボートなど)
 (4)航空機(飛行機、ヘリコプター、グライダーなど)
 (5)車両及び運搬具(貨車、客車、トロッコ、大型特殊自動車など)
 (6)工具、器具、備品(測定工具、パソコン、机、いす、ロッカーなど)

3.償却資産の課税対象にならない資産

 (1)耐用年数が1年未満の資産
 (2)取得価格が10万円未満の資産で法人税法等の規定により一時的に損金算入されたもの
   (いわゆる少額償却資産)
 (3)取得価格が20万円未満の資産で法人税法等の規定により3年間一括して均等償却するもの
   (いわゆる一括償却資産)
 (4)ファイナンス・リース取引に係る資産で取得価格が20万円未満のもの
 (5)自動車税及び軽自動車税の対象となるもの
     ※ただし、(3)(4)の場合であっても、個別の資産ごとの耐用年数により通常の減価償却
              を行っているものは課税の対象になります。

4.償却資産に対する課税方法

 固定資産評価基準(償却資産)に基づき、取得価額を基礎として、取得後の経過年数に応ずる価
値の減少(減価)を考慮して評価します。評価した結果、町内に同一人が所有する償却資産の課税
標準額の合計が150万円未満(免税点)の場合は、償却資産に係る固定資産税は課税されません。

(1) 前年中に取得された償却資産
    価格(評価額)=取得価格×(1-減価率/2)
(2) 前年前に取得された償却資産
    価格(評価額)=前年度の価格×(1-減価率)・・・(A)
    ただし、(A)により求めた額が、(取得価額×100分の5)より小さい場合は、
    (取得価額×100分の5)により求めた価格とします。
    固定資産税における償却資産の減価償却の方法は、原則として定率法です。
        取得価額・・・原則として国税の取扱いと同様です。
        減価率・・・・原則として耐用年数表(財務省令)に掲げられている耐用年数に
                                                応じて減価率が定められています。
(3) 償却資産の申告
       世羅町内に償却資産を所有されている方は、毎年1月1日現在の所有資産について1月31日
       (法定提出期限)までに申告書を提出していただく必要があります。(地方税法第383条の規 
    定による)

5.太陽光発電設備について

 太陽光発電設備も償却資産に該当し、申告の対象となる場合があります。次の「(1)申告が必要となる方」を参考に所有されている太陽光発電設備の設置状況を確認してください。

(1)申告が必要となる方
設置者申告が必要となる場合(1月1日現在取得稼働)
10キロワット以上のもの10キロワット未満のもの
個人
(住宅用)
 経済産業省の認定を受けた太陽光発電設備を設置される場合は、売電事業用の資産となりますので申告が必要です。
※「事業」とは、一定の目的のため一定の行為
 を継続、反復して行うことをいいます。
 売電するための事業用資産とはなりませんので、償却資産としての申告は不要です。
個人
(事業用)
 店舗やアパート、農業などを営む方がその事業のために太陽光発電設備を設置した場合は、事業の用に供している資産となります。発電出力にかかわらず償却資産として申告が必要です。
法人 事業の用に供している資産になります。発電出力にかかわらず償却資産として申告が必要です。

(2)償却資産と家屋の区分
 償却資産と家屋の区分については次のとおりです。表中の「償却」となっている設備は償却資産として申告していただきます。「家屋」となっている設備は家屋として課税させていただきますので、償却資産としての申告は不要です。(次の表参照)
 その他、償却資産の対象となるものには、①土地の造成、②フェンス、③工事費 等があります。
太陽光パネルの設置方法太 陽 発 電 設 備
太陽光パネル架台接続ユニットパワーコンディショナー表示ユニット電力量計等
 家屋に一体の建材(屋根材
 など)として設置
家屋家屋償却償却償却償却
 架台に載せて屋根に設置償却償却償却償却償却償却
 家屋以外の場所(地上や家
 屋の要件を充たしていない
 構築物など)に設置
償却償却償却償却償却償却

(3)太陽光発電設備に係る償却資産の課税標準額の特例制度の変更
 平成28年度税制改正により、固定価格買取制度の認定を受けた太陽光発電設備は、平成28年4月1日取得分から特例の対象外となり、新たに再生可能エネルギー事業者支援事業費に係る補助を受けた自家消費型の太陽光発電設備が特例の対象となります。
 改正改正
条文地方税法15条第33項第1号イ地方税法附則第15条第33項
対象資産自家消費型太陽光発電設備固定価格買取制度の対象となる設備
取得日   平成28年4月1日
        ~平成30年3月31日
  平成24年5月29日
      ~平成28年3月31日
固定価格買取制度の認定認定を受けたものは特例対象外認定を受けたものは特例対象
(最初の3年度分3分の2)
再生可能エネルギー
事業者支援事業費の補助
認定を受けたものは特例対象
(最初の3年度分3分の2)
補助の適用なし
申告時提出書類再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金交付決定通知書の写し電力会社が発行する電力受給契約のご案内の写し

6.過疎地域自立促進特別措置法による課税の特例

 過疎地域自立促進特別措置法第2条の規定により過疎地域と指定される区域で、平成33年3月31日まで取得された固定資産について、次の要件に該当する場合は課税の特例(免除)が受けられます。
    過疎地域自立促進特別措置法による課税の特例

7.中小企業等経営強化法による課税標準の特例

 平成28年7月1日施行の中小企業等経営強化法の施行により、中小企業者等が新規取得した「機械及び装置」について一定の要件を満たした場合、対象資産にかかる固定資産税が軽減されます。
    中小企業等経営強化法による固定資産税(償却資産)課税標準の特例

8.わがまち特例による固定資産税(償却資産)の特例措置

 平成24年度税制改正により、地方税の特例措置について、国が一律に定めていた内容を地方自治体が自主的に判断し、条例で決定できるようにする仕組み「地域決定型地方税制特例措置(通称:わがまち特例)」が導入されました。このことを受け、わがまち特例の対象となるつぎの固定資産税(償却資産)について、世羅町税条例により課税標準の軽減割合を定めました。
 対象施設取得時期特例割合
水質汚濁防止法の汚水
または廃液処理施設
 沈殿または浮上装置、油水分離
 装置、汚泥処理装置、濾過装置等
 平成26年4月1日~
 平成30年3月31日
 までに取得した資産
 課税標準額を
 3分の1に軽減(期限なし)
    大気汚染防止法の指定物
    質排出抑制施設
 テロラクロロエチレン系溶剤を使
 用するドライクリーニング機に係
 る活性炭吸着回収装置
 平成26年4月1日~
 平成30年3月31日
 までに取得した資産
 課税標準額を
 2分の1に軽減
(期限なし)
  土壌汚染対策法の特定
  有害物質排出抑制施設
 フッ素系溶剤を使用するドライク
 リーニング機に係る活性炭吸着回
 収装置
 平成26年4月1日~
 平成30年3月31日
 までに取得した資産
 課税標準額を
 2分の1に軽減
(期限なし)
 下水道除害施設 除害施設における沈澱池または浮
 上装置、油水分離装置、汚泥処理
 装置等
 平成26年4月1日~
 平成30年3月31日
 までに取得した資産
 課税標準額を
 4分の3に軽減
(期限なし)
 再生可能
エネルギー
発電施設
太陽光
発電設備
 電気事業者による再生可能エネル
 ギー電気の調達に関する特別措置
 法に規定する認定発電設備の対象
 外であって、再生可能エネルギー
 事業者支援事業費補助金を受けて
 いるもの
平成28年4月1日~平成30年3月31日 課税標準額を
 3分の2に軽減
(3年間)
風力
発電設備
 電気事業者による再生可能エネル
 ギー電気の調達に関する特別措置
 法に規定する認定発電設備である
 もの
 平成28年4月1日~
 平成30年3月31日
 課税標準額を
 3分の2に軽減
(3年間)
水力
地熱
バイオマス
発電設備
 電気事業者による再生可能エネル
 ギー電気の調達に関する特別措置
 法に規定する認定発電設備である
 もの
 平成28年4月1日~
 平成30年3月31日
 課税標準額を
 2分の1に軽減
(3年間)
ノンフロン製品 冷蔵・冷凍陳列棚(品温を摂氏10
 度以下に保つ機能を有するもの)、 
 倉庫用冷蔵・冷凍装置(倉庫内の
 温度を摂氏10度以下に保つ機能を
 有するもの)
 平成26年4月1日~
 平成29年3月31日
 までに取得した資産
 課税標準額を
 4分の3に軽減
(3年間)
家庭的、居宅訪問型又は
事業所内保育事業用施設
 児童福祉法に規定するつぎの認可
 を得た者が直接当該事業の用に供
 する償却資産
・家庭的保育事業
・居宅訪問型保育事業
・事業所内保育事業(利用定員が
  5人以下であるものに限る)
 平成29年4月1日
 以降に取得した資産

 課税標準額を
 2分の1に軽減
(期限なし)

9.申告書類の送付

 すでに償却資産課税台帳に登録されている方へは、毎年12月中旬に申告書類等を送付します。また、調査により新規に設立された法人や店舗併用住宅・賃貸アパート等の新築が確認された場合など、所有者の方からのお問い合わせ等がなくても、申告書類等をお送りすることがあります。
 なお、昨年度以前に「該当する償却資産なし」として申告されている方で新たに償却資産を取得された場合は、お手数ですが、税務課(資産税係)へ申告書類等を請求してください。

10.申告の注意事項

 次の場合でも申告は必要です。
 ・廃業、解散、休業、事務所の移転、住所及び名称(氏名)の変更等の場合でも申告書にその旨
  を記載してください。
 ・資産の増減がない場合や課税標準額の合計が150万円未満で課税されない場合でも申告は必要
  です。
 ・申告書を郵送で提出される方で控えに受付印を必要とされる場合は、提出書類と一緒に切手を
  貼った返信用封筒を同封してください。

お問合せ先 税務課 資産税係 0847-22-5300
担当課情報
部署: 税務課
電話番号: 0847-22-5300
E-mail: zeimu@town.sera.hiroshima.jp
くらしガイド
登録と証明
福祉・介護
健康
年金・保険
税金
行政
子育て
教育

ページの先頭へ

世羅町 せらちょう いつまでも住み続けたい日本一のふるさと

世羅町役場
〒722-1192 広島県世羅郡世羅町西上原123-1 電話:0847-22-1111(代表) FAX:0847-22-2768
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます)
アクセスマップ

Copyright(C) Sera City. All Rights Reserved.