広島県 世羅町 いつまでも住み続けたい日本一のふるさと
背景色
文字サイズ
小さく標準大きく
検索
現在位置:HOMEの中のくらしガイドの中の健康から脳脊髄液減少症について
更新日: 2017年7月14日

脳脊髄液減少症について

 
                                  ~脳脊髄液減少症をご存知ですか?~ 

 脳脊髄液減少症とは、交通事故やスポーツ外傷などの強い衝撃を身体に受けることによって、脳を浮かべている「脳脊髄液」が漏れ出し、さまざまな症状が出る病気です。
 この病気の主な症状としては、起立性頭痛、めまい、吐き気、首や背中の痛み、腰痛、耳鳴り、視力低下、光がまぶしい、全身のだるさ、疲れやすい、思考力・集中力低下などがあり、体調は天候に左右されやすいといわれています。また、症状の性質から、起立調節障害、片頭痛、心身症などと誤解を受けやすい病気です。
 現在、この病気については、国により診断基準の作成や有効的な治療法に関して、研究が進められています。

有効な治療法である「ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)」が保険適用に
なりました! (平成28年4月より)
 
 ブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)とは、本人の静脈血を硬膜外腔の髄液が漏れている周辺に注入し、血液が固まる性質を利用して漏れを防ぐ治療法です。
 ただし、治療後は、効果があっても数か月間は重い荷物は持たない、身体への強い衝撃は避ける、体育の授業は見学するなどの周囲の理解が必要です。

                                        治療や相談ができるところ 

1 医療機関

  広島県健康福祉局健康対策課のホームページをご覧ください。

2 世羅町の相談窓口
  世羅町 健康保険課 健康増進係 (世羅保健福祉センター内)
  ☎:0847-25-0134

                                                関連リンク
  
      認定NPO法人脳脊髄液減少症患者家族支援協会
  
  CSF JAPAN 脳脊髄液減少症
  
  
  広島県脳脊髄液減少症患者会

      脳脊髄液減少症子ども支援チーム


お問合せ先 健康保険課 健康増進係 0847-25-0134


担当課情報
部署: 健康保険課
電話番号: 0847-25-0134
E-mail: kenkohoken@town.sera.hiroshima.jp
くらしガイド
登録と証明
福祉・介護
健康
年金・保険
税金
行政
子育て
教育

ページの先頭へ

世羅町 せらちょう いつまでも住み続けたい日本一のふるさと

世羅町役場
〒722-1192 広島県世羅郡世羅町西上原123-1 電話:0847-22-1111(代表) FAX:0847-22-2768
【開庁時間】午前8時30分~午後5時15分(土曜日・日曜日・祝日と年末年始は除きます)
アクセスマップ

Copyright(C) Sera City. All Rights Reserved.